HOME>人気記事>エンパスとHSP【違いについてチェックする】

エンパスって何?

エンパスとは他人に強い影響を受ける、他人と同じ体験ができるなど、強い共感力を持つ人のことを指します。感受性が高く他人の影響を強く受けてしまう、情緒不安定である、何もしていないのに疲労感が強く出る方は、エンパス体質である可能性大です。

エンパスとHSP【違いについてチェックする】

困る女性

エンパスの人が向いている仕事とは

エンパスの持つ感受性を活かした仕事に就くことで、その能力を十分発揮できるようになります。今までのスキルや経験を活かした職場を探すことも大切なのですが、職場環境に強い影響を受けやすいため、職場環境も考慮して仕事を探すのがおすすめです。たとえば、誰かから干渉や監視を受ける機会が多い、高圧的な態度をとる人がいるような職場はストレスによる影響を強く受けてしまうため、エンパスの方には向かないでしょう。

悩む女性

エンパスとHSPの違い

HSPとはHighly Sensitive Personの略であり、エンパスとよく混同されがちです。両者とも感受性の高さや敏感体質である点は共通しており、エンパスはHSPの特徴を持ち合わせています。エンパス体質とHSPの違いは、エンパスのほうがスピリチュアル的要素を強く持っている点です。エンパスは目に見えないオーラなどが見える、スピリチュアルなことに対しての興味関心が強いのです。

エンパスの人が悩みを解決する方法

考える女性

心と体を安定させること

他人からの影響力を強く受けてしまいますので、自分自身の心と体を強くすることで心の安定が保てるようになります。

嫌なことは嫌と言える勇気を持つ!

他人の気持ちがよくわかるからこそ、他人を否定することが難しくそれがストレスにもつながってしまいます。嫌なことや嫌とはっきりと伝えることで、気持ちが軽くなります。

秘密を守って心の安定を築く

エンパスだからこそ経験してきたツラい過去があるはずです。それを誰かに打ち明けることによって、さらに傷が深くなることもあります。人に知られたくないことは、誰にも言わないか、守秘義務を守ってくれる第三者に打ち明けるようにしましょう。

自分と他人に境界線を引くこと

他人の感情に強い影響を受けてしまうことから、自分を見失いがちになります。だからこそ、自分と他人の境界線を引き、自分自身を見失わないようにすることが大切です。